男女

庭の草むしりはプロに任せてみよう|綺麗に雑草を除去してくれる

  1. ホーム
  2. 簡単な家庭菜園として人気

簡単な家庭菜園として人気

野菜

収穫のタイミングが大事

夏野菜の代表ともいえるキュウリは、家庭菜園向き野菜です。植え付けは4月上旬ごろから7月下旬で、収穫は、6月上旬から9月下旬ごろまでです。育て方のポイントは、キュウリは、根が浅く広がってはるので、土の湿度調整が大切です。湿度が高すぎても乾燥しすぎてもよくありません。土は、排水性や通気性がいいものを選び、よく耕しましょう。また、キュウリは成長が早いため、肥料切れになることがあります。肥料も2種間に1回など、適切なタイミングで追加するようにしましょう。収穫の時期になったら、タイミングが遅れるとどんどん成長してヘチマみたいになってしまい食感や味が落ちたり、他のキュウリの栄養も奪ってしまうことがあるので、早めに収穫することが大切です。

初心者でも育てやすい野菜

キュウリは、家庭菜園が初めてでも育て方が簡単で、マンションのベランダなどでプランターでも育てることもできます。栽培する期間も他の野菜と比べて短く、苗を植えてから大体40日前後で収穫できます。育て方が手軽で、収穫までの期間も短く、収穫量が多いということがキュウリの人気の理由でしょう。キュウリの育て方は、種から育てることもできますが、苗から育てた方が病気にもなりにくくおすすめです。ホームセンターなどで苗がポットに入って販売されているので、この苗をプランターに移し替えて育てます。キュウリは品種が色々あります。病気になりにくくてつるが伸びやすいものがよく、「夏すずみ」や「南進」などの品種が育てやすいとされています。