男女

庭の草むしりはプロに任せてみよう|綺麗に雑草を除去してくれる

  1. ホーム
  2. 個性的な庭の主役

個性的な庭の主役

婦人

多様な園芸植物の楽しみ

さまざまな園芸植物や花は多くの人に愛好され、庭に植えられたり植木鉢に飾られたりして生活に潤いを与えています。ガーデニングを楽しむには必ずしも庭付きの一戸建て住宅に住む必要はなく、植木鉢を使えばマンションのベランダのように狭い場所での栽培も可能です。庭がある家ならさらに広い空間が使えるため、多種多様な園芸植物を育てながら花や葉を鑑賞する楽しみが広がります。そのような園芸植物の中でもサボテンや多肉植物のグループは種類が非常に多くユニークな外観をしていることから、日本でも愛好家が少なくありません。多肉植物の仲間は砂漠などの乾燥気候に適応するため独自の進化を遂げており、多肉質の茎や葉に多くの水分を溜められる構造をしています。サボテンやアロエ・ベンケイソウ・リュウゼツランなどが多く栽培されていますが、高温多湿の気候下での育て方にはコツも要ります。うまく育てれば庭やベランダを彩る個性的な主役も演じてくれる多肉植物は、種類に応じた水分や温度・湿度管理も欠かせません。定期的な植え替えも必要なことから育て方が難しいと感じる人もいますが、造園業者を利用することで多肉植物も安心して栽培できるようになります。

面倒な植え替えも楽になる

サボテンや多肉植物の中には丈夫な種類もありますので、その場合は初心者でもそれほど苦労をせずに栽培できます。もともと乾燥気候にも耐えられるように進化した種類が多いため、十分な日光に当てるというのが基本的な育て方です。一般の園芸植物と同じように水やりをすると根腐れを起こす恐れもあるため、葉や茎の張りがなくなってきたタイミングで水をやるのが多肉植物を育てるコツです。こうした多肉植物を庭に植えるのではなく鉢植えで栽培するケースでは、年に1回程度の植え替えをすることで良い状態を保つことができます。植え替えのタイミングは夏型種や冬型種・春秋種によっても異なり、専用の土や剪定作業に使うハサミなども必要です。多種類の多肉植物を同時に栽培している場合は植え替え作業も大変ですが、こうした園芸植物の育て方を熟知した造園業者に依頼すれば楽になります。造園業者ではさまざまな園芸植物や植木の管理・剪定作業から草刈りに至るまで対応しており、庭の設計や定期メンテナンスをしてくれる業者もいます。たくさんの種類の多肉植物を育てたいと思いながら手間をかけている時間がないという人は、造園業者に相談してみるといいでしょう。